投資環境比較調査団

調査委員会では、年に一度マレーシア国内の投資環境比較を目的とした調査団をJACTIM会員企業を募り派遣しています。2016年度は、ジョホール州南部を対象とした開発計画のイスカンダル開発区を訪問しました。イスカンダル開発区の対象地域はシンガポールの面積の2.5~3 倍で、電気・電子や石油化学など既存の産業を強化するだけでなく、金融や教育といった新規産業の形成も目的とし、それらに併せて居住地域・レジャーの開発など、大規模都市計画となっています。

<2017年度JACTIM北部コリドー投資環境比較調査団の派遣完了> 
 
2017年度は、北部コリドー経済地域(NCER)の中で、クリムハイテクとペナン、ペルリスへ調査団を派遣致しました。同報告書については、電子媒体にて、会員専用ページからご覧いただけます。