投資環境比較調査団

調査委員会では、年に一度マレーシア国内の投資環境比較を目的とした調査団をJACTIM会員企業を募り派遣しています。2018年度は、当時、クアラルンプール=シンガポール(KL・星)間の高速鉄道建設計画で日本と中国が激しい受注合戦をしていた地域をクアラルンプールから南下し、沿線上の開発予定地および大型不動産開発を視察し、また同地域に所在する日系企業でインダストリー4.0 のヒントになるような取り組みをされているか調査いたしました。


<2018年度JACTIMマレーシア西海岸投資環境比較調査団の派遣完了> 
 
同報告書については、電子媒体にて、会員専用ページからご覧いただけます。